犬・猫のがん治療
HOME > 犬・猫のがん治療 > 当院での腫瘍治療

当院での腫瘍治療


悪性黒色腫(悪性メラノーマ)

通院中偶然発見された、口腔内(右側下顎前臼歯
歯肉部)の腫瘍(できもの)を伴うMix犬・13歳
男の子の症例です。


臨床症状は何もなく、3cm程の腫瘤からは表面は
脆くわずかに血が滲んでいました。
イヌの口腔内腫瘍は悪性腫瘍の割合が多いことから細胞診検査を行った所、均一の細胞群内に微量の黒色顆粒が散在していました。


現時点では生活の質を低下させる可能性は低いですが、今後腫大していくことで自壊に伴う出血・
骨浸潤による骨折・腐敗などにより生活の質を大きく低下すると考えられるので、正常組織を含む拡大切除手術を行うことにしました。


犬歯の奥から奥歯手前の範囲で顎骨ごと切除したあとの病理検査結果では、切除状態は良好だったのですが、評価は疑っていた『乏色素性悪性黒色腫』でした。


術後は問題なく退院できましたが、この腫瘍は局所再発・遠隔転移リスクが高いので今後化学療法などの抗癌治療や長期の経過観察が必要となります。

また、一部顎を切除した影響で自力摂食が苦手になるコに関しては一緒に補助しながらの給餌でカバーすることが出来ます。